このサイトはクッキーを使います。サイトの閲覧を続けることにより、クッキーの使用を許可されているとみなされます。

テラサイクルの内部

テラサイクルは世界にあるどんなゴミ管理会社とも異なります。

世界にある全てのオフィスはリサイクルされたモノから作られており、オフィスの壁面は地元のグラフィティアーティストの作品で彩られております。テラサイクルの取り組みに熱い想いを抱くエコフレンドリーな社員と共に、透明性且つ高い革新性を持つことを信念としています。テラサイクルのオフィスがどのようなものか知りたい方は、テラサイクルがPivotチャンネルに持っている番組“Human Resources”をご覧になるか、テラサイクルのインターンシップや社員となり直接肌で感じてみてください。

Careers

採用情報

テラサイクルが現在募集している採用一覧(社員、インターン)を御覧ください。

Our offices

世界中に展開するテラサイクル

世界中のオフィスはテラサイクルのデザインチームによってリフォームされています。会議室の「壁」はペットボトルやレコードで作られたり、テーブルは古い扉からできていたりします。個性あふれるオフィススペースは、100を超える世界中のテラサイクルのメンバーが活用しております。

TV 番組

Tv shows

Human Resources (ヒューマンリソース)

2014年にテラサイクルは、Pivot Network (www.pivot.tv)と提携し、ドキュメンタリーコメディー「Human Resources」を制作しました。この番組は好評を得、Pivot Networkで最も視聴率が高い番組となりました。番組全編をご覧になりたい方はiTunes よりダウンロードしてみてください。

Garbage Moguls (ゴミ界の大物)

Garbage Moguls(ゴミ界の大物)は、世界で最もエコフレンドリーな会社、テラサイクルの内部をお見せする。完全に「ゴミ」から出来たユニークな製品を2つ生み出し、アメリカで最大手の小売店Office MaxとWalmartでその製品を売り出す過程を自分の目で確かめて下さい。

Make garbage great

Make Garbage Great(ゴミを素晴らしい物にする)

Make Garbage Great(ゴミを素晴らしい物にする)は、エコであり続けるための入門書です。200以上もの写真や図、100以上ものヒントや様々なDIYプロジェクト(工作)を通して、ゴミをどのように減らしていけるかのガイドとなります。


Outsmart waste

Outsmart Waste

増える一方の埋立地、海洋渦に溜まっていくプラスチックのゴミ、危険に晒された自然…現代社会において我々人間が産出するゴミは大きな問題となっています。エコ起業家トム・ザッキーはこのような問題に我々がなぜ直面しているのかを説明した上で、「捨てるという概念を捨てる」ことが解決策になることを説いている。「ゴミの概念」を覆すためには、まずゴミを理解し、ゴミができる過程を変え、最後にゴミそのものを変えていく必要があるといっている。


「トムは、ゴミの中の「宝」を探しだす道を示している。変化はまず気づきから始まるが、私はこの本のおかげで、素直に「捨てる」ことができなくなった。」

Deepak Chopraの前書き


Revolution in a bottle

Revolution in a bottle(ボトル革命)

トム・ザッキーはプリンストン大学を中退し、今までリサイクル不可能とおもわれてきたものをリサイクルする会社:テラサイクルを創業。Revolution in a Bottleは利益を出しながらも、人のためそして地球のために良いことする会社が歩んだ過程が描き出されている。

「テラサイクルは単純にエコ商品を売るだけではなく、製造業者、小売店そして消費者が「ゴミ」をどのように扱うかを変えていっている。この本は読むべきだ。私は読んで良かった。」Ben Cohen, cofounder, Ben & Jerrys Ice Cream

Graffiti

テラサイクルのストリートアート(グラフィティ)

グラフィティはテラサイクルの会社の文化の一部と言える。毎年世界中からグラフィティアーティストが、テラサイクルオフィスに集い壁面を塗り替えていく。