このサイトはクッキーを使います。サイトの閲覧を続けることにより、クッキーの使用を許可されているとみなされます。

ビニール傘リサイクルプログラム

このプログラムでは壊れてしまったビニール傘を回収しています

壊れたビニール傘、どうしてる?

Ben & Jerry’sは、1978年にアメリカのバーモント州バーリントンで生まれたアイスクリームメーカーです。ビジネスに関係する全ての人が共存共栄できる社会をつくることを目的とする、社会的な企業活動を行っています。

 

地球温暖化問題も、Ben & Jerry’sが大きな関心を寄せることの一つです。これまでも、世界各国でエネルギー効率化やごみ削減の為の投資等を行ってきました。

 

今回、日本でBen & Jerry’sがリサイクルするのは「ビニール傘」です。日本では年間1億3千万本の洋傘が販売(※1)され、約半分がビニール傘(※2)と言われています。しかし、多くの傘が使用後に廃棄されているのも事実です。

 

誰でも無料で簡単に参加できるビニール傘回収プログラムでは、回収量に応じてテラサイクルポイントが付与され、ポイントはチャリティに寄付することが可能です。

 

プログラムに参加して、傘の廃棄と焼却を減らしませんか?

●このプログラムへの参加に際して、幾つかの条件がございます

1)CSRの一環として環境問題に取り組んでいるなど、環境意識の高いNGO,NPO、民間企業などの法人格を有している団体様や、行政機関など。

2)壊れたビニール傘が放置されると危険がある、公共性の高い施設を有している団体様。

上記1)と2)の両条件に合致する法人様でご興味のある方はカスタマーセンター( customersupport@terracycle.co.jp )にご連絡ください

 

※1 日本洋傘振興協会データ

※2 ウェザーニュース傘調査2016

Thumbnail for ビニール傘リサイクルプログラム

プログラムについて

プログラムへのご参加は無料且つ簡単です(※1)
ビニール傘を発送可能最低本数20本集めていただきましたら、
マイページから集荷依頼をしてください。

 

午前10時までに集荷依頼をすると、翌営業日に配送業者が着払い伝票を持ってお伺いいたします。

皆様に集めていただいたビニール傘は、リサイクル製品に生まれ変わります。

 

回収量に応じて獲得されたポイントを、ご自身で選択したチャリティへ寄付ができます。

 

※このプログラムへの参加に際して、幾つかの条件がございます。ご興味のある方はカスタマーセンターにご連絡ください。

       

このプログラムでリサイクル(回収)できるもの

回収可能なもの

 下記条件をすべて満たしているビニール傘

 ○壊れている(使用・再利用不可能な傘)
 ○傘の生地がビニールである
 (絵柄・模様があるものも生地がビニールであれば可)
 ○柄がプラスチックである

 

回収できないもの

 以下のいずれかの条件に当てはまる場合は回収対象外です

 ✕洋傘(生地が布:ポリエステル、ナイロン、綿、絹)
 ✕折りたたみ傘
 ✕パラソル
 ✕日傘
 ✕持手部分が木製

回収されたモノはどうなるか

皆様に回収していただいた壊れたビニール傘は、埋立地や焼却所へ送られることなく、新しいビニール素材の商品に生まれ変わります。

テラサイクルポイントの仕組み

テラサイクルポイント

ポイントは、「1ポイント=1円」として任意のチャリティー団体(NPO法人等の慈善事業団体)に寄付金として寄付することができます。

 

回収物が20本以上になりましたら、発送が可能です。発送していただいた重量に応じ、333g(傘約1本分)=2ポイントでテラサイクルポイントを差し上げます。

資料

Ben & Jerry’sは、1978年にアメリカのバーモント州バーリントンで生まれたスーパープレミアムアイスクリームで、最高のアイスクリームを最も持続可能なしくみで提供するように心がけています。ゴロゴロしたチャンク(チョコレートやクッキーの具)が入ったユニークなアイスクリームが特徴で、世界37か国で展開しています。社会的な責任を果たすというビジネスムーブメントを四半世紀にわたって開拓し、2012年にはBコーポレーションの認定を受けています。